東京湾の海底土に含まれる放射性セシウム濃度が7か月で13倍に 近畿大学が調査

東京湾の海底土に含まれる放射性セシウム濃度が7か月で13倍に 近畿大学が調査
荒川河口橋の裏っかわ

2012年5月13日、近畿大学の調査によって、東京湾の海底土に含まれる放射性セシウム濃度が昨年8月からの7か月で1.5倍から13倍に増加していたことが報道により明らかとなった。
(参考:文部科学省 「海洋環境放射能調査検討会」開催-東京湾河口周辺、沿岸、湾中心部の測定実施

image fromakiraak2

同大学の山崎秀夫教授が4月2日に荒川河口などの3か所からサンプルを採取して検査を実施。深さ1メートルの土に含まれる放射性セシウムの量は1立方メートル当たり7305~2万7213ベクレルとなった。

この値は、前年8月の値を3か所全てで上回る結果となった。この放射性セシウムは川から流れ込んでいると考えられる。現在行われている除染作業では河川の除染に関しては手つかずの状態で、いまだ実証実験の段階である。

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

世界の水事情の記事をもっと見る 2012年5月14日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュース

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環境省」のニュース

次に読みたい関連記事「環境省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「総務省」のニュース

次に読みたい関連記事「総務省」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら