物質・材料研究機構 「放射性物質の吸着材開発」に成功 実用化に向けて

物質・材料研究機構 「放射性物質の吸着材開発」に成功 実用化に向けて

独立行政法人物質・材料研究機構(NIMS)が、多くの細孔を持つ「メソポーラス物質」という新規材料で、放射性物質の吸着材を開発した。除染における利用に向け、実用化が進められている。(参照:東大生産技術研究所 放射性汚染水から放射性セシウムを吸着する「除染布」を開発

image from 物質・材料研究機構

今回吸着材の材料とされて注目が集まったのは、「メソポーラス物質」。多くの大きさ2~50ナノメートル程の孔(あな)を持つ、多孔性材料である。表面積が大きいことが特徴の、約20年前日本で発見された材料だ。

NIMSはそのメソポーラス物質を使って、溶液に含まれるヨウ素やセシウムなどの放射性物質を選択して捕まえ、除去もできる吸着材を開発した。開発したのは、元素戦略材料センターのエジプト人、シェリフ・エル・サフティ主幹研究員だ。

化学反応を利用して、目的の放射性物質だけを吸着するという同吸着材。シェリフ氏は「この吸着材は、選択性が高いのが特徴です。特定の物質しか捕獲しないので、塩分やミネラルが含まれている海水でも、目的の放射性物質だけを取り除くことができます」とコメントしている。

一方で、NIMSの国際ナノアーキテクトニクス研究拠点、山内悠輔独立研究者らは「プルシアンブルー」という顔料を用いたセシウム吸着材を開発した。

原発の放射性物質処理問題は、まだ続き、長期化が予想されている。今回の吸着材はいまだ実用化に向けては課題があるものの、除染システムへの新たな光として、今後が期待される。<</strong>/p>

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る 2012年6月29日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら