大蘇ダム漏水問題 国の責任か 県負担か?

大蘇ダム漏水問題 国の責任か 県負担か?
       

熊本県阿蘇郡の大蘇ダム漏水問題に関して、広瀬勝貞大分県知事が、28日の県議会で、「大事なことは早期に完成させ、一日も早く地元に安定供給し、安心して農業できる基盤を作ること」と県負担を匂わせる発言をした。(参照:国土交通省 ダム事業見直しで沖縄県の「タイ原ダム」を建設中止に

image from 財団法人 日本ダム協会

広瀬勝貞知事は、従来、「対策工事は国の責任で」としていた。

土居昌弘大分県議会議員の一般質問への知事答弁において、当初の事業費130億円が現段階で約600億円へと大きくなり、大規模補修で更に約100億円が必要だとなった。受益先の県と市は、その内約30%の負担を求められる。

受益先となる大分県竹田市の首藤勝次市長も「国が責任を持ってやるべきだが他に方法がなければ応えるのも選択肢の一つ」と話しており、同日の定例会見で、「30日の市、市議会、荻柏原土地改良区の協議会で、合致点を見いだしたい」とコメントしている。

30日の市議会をはじめ、今後の動きに注目が集まる。

元の記事を読む

当時の記事を読む

世界の水事情の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「国土交通省」に関する記事

「国土交通省」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「国土交通省」の記事

次に読みたい「国土交通省」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年6月29日の社会記事

キーワード一覧

  1. 国土交通省 ハザードマップ

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。