JAXA 北極海海氷の観測データ解析結果発表-北極海海氷の面積 観測史上最小記録を更新

JAXA 北極海海氷の観測データ解析結果発表-北極海海氷の面積 観測史上最小記録を更新
JAXA
       

2012年9月20日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は北極海海氷の面積が観測史上最小記録を更新したことを発表した。観測史上初めて面積が400万平方キロメートルを下回ったのだという。
(参考:北極海海氷面積が過去最小! JAXA、「しずく」(GCOM―W1)による観測続ける


image from JAXA

JAXAでは、7月3日から第一期水循環変動観測衛星「しずく」で地球観測を継続してきた。この観測による北極海の海氷データを解析したところ、8月24日に421万平方キロメートルと、過去最少記録を更新。その後も海氷は減少を続け、9月16日には349万平方キロメートルを記録した。

この値は過去最少であった2007年9月の425万平方キロメートルから日本列島2つ分縮小したということになる。また、1980年代の平均的な海氷面積に比べ、約半分の大きさにまで縮小している。

JAXAでは、1980年代以降の北半球の気温の上昇により、海氷圧が薄くなり、周囲の影響を受けやすい状態に変化したことが原因ではないかとみている。特に、今年は北極海の半分の海域が薄い1年氷で覆われていたこと、夏季に北極圏周辺で低気圧が発生したことが、海氷の融解を促進したのではないかとの見方を示している。

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年9月26日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。