韓国で日韓併合時代の下水管渠発見-近代文化財指定し保全へ

韓国で日韓併合時代の下水管渠発見-近代文化財指定し保全へ
Date Course [Cheonggyecheon / Seoul]

2012年10月25日、韓国・ソウル市の地下で100年前に作られたと推定される下水管渠が発見されたことが韓国メディアによって報道された。
(参考:韓国で”下水を上水水源の川に排水した件”が大問題に -発覚後は逆流で垂れ流しに


image from d’n'c

今から100年前の下水管渠であるがまだ本来の機能を有しているとのことだ。発見場所はソウル市の中心地・乙支路入口駅周辺とされている。下水管渠は直径1.5メートル、長さが300m。赤レンガとコンクリートで造られたものだ。

韓国では、この下水管渠は約100年前の日帝強制占領中に作られたものであると推定している。発見された下水管渠は非常に保存状態が良好であり、ソウル市と韓国・は文化財庁は協議の上、文化財登録を行うことを検討している。

同市では、地下に同様の下水管渠が存在するとみており、全数把握と精細な調査を行ったうえで保全計画を実施するとしている。「反日」が国是であり、竹島問題を巡り対立が先鋭化している中で、「日帝」の遺物を文化財とするソウル市に対し、国民からの反発は出ないのだろうか。

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る 2012年10月31日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら