IHI 「榎本藻」からバイオ燃料を作り出す実験施設を公開 ‐2020年の事業化を目指す

IHI 「榎本藻」からバイオ燃料を作り出す実験施設を公開  ‐2020年の事業化を目指す
       

2012年11月7日、株式会社IHIでは「榎本藻」からバイオ燃料を作り出す実験施設を公開した。「榎本藻」は品種改良を重ね、燃料生産に適するよう開発された藻、繁殖力が非常に大きなものとなっている。
(参考:仙台市、筑波大、東北大が石油を作る藻「オーランチオキトリウム」の共同研究推進の連携協定を締結

image from IHI

IHIは、神戸大学発祥のベンチャー企業であるジーン・アンド・ジーンテクノロジーと共同開発した設備で「榎本藻」の実験を行う。

「榎本藻」は光合成により重油に近い成分のバイオ燃料を生成する。また繁殖力が大きく、1ヶ月後のバイオ燃料の生産量は従来種の10万倍になるとされている。

現在の実験ではリットル当たりの単価は1000円以上となり、石油に比べ10倍以上の価格になっている。今後は培養技術の改善、土地代金の安い海外生産などを検討していく。IHIでは2014年から、ジェット燃料のサンプル出荷を開始し、2020年度を目標に事業化を計画している。

元の記事を読む

世界の水事情の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年11月29日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。