福島県国見の県北浄化センター、放射線汚泥の新たな受け入れ先を確保

福島県国見の県北浄化センター、放射線汚泥の新たな受け入れ先を確保

福島県国見町の県北浄化センターでは新たに発生する汚泥の受け入れ先を確保したことを2013年1月18日(金)に発表した。(参照:福島県の高濃度放射性汚染下水汚泥が行き場を失う-柳津町が受け入れを拒否

Image from 福島県下水道公社ホームページ

同浄水センターでは放射性物質を含む下水汚泥を保管しているが、1日に発生する約40トンのうち8割り程度は敷地外に搬出しているという。放射性汚泥の受け入れ先は県内外の肥料会社や中間処理業者などで、肥料の原料として使用できる放射性セシウム濃度が1キロ当たり200ベクレル以下の汚泥が運び出されている。

同センター敷地内には昨年末までに約2万3,000トンの汚泥がたまっており、

郡山市の県中浄化センターにも約2万1,000トン、あだたら清流センター(二本松市)にも約1,500トン、大滝根水環境センター(田村市)にも約190トンの汚泥が保管されている状態だ。

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 福島県 観光
世界の水事情の記事をもっと見る 2013年1月24日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「福島県 + 観光」のおすすめ記事

「福島県 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「新潟県」のニュース

次に読みたい関連記事「新潟県」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「長野県」のニュース

次に読みたい関連記事「長野県」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら