江戸時代の治水工事を成し遂げた薩摩義士をたたえる慰霊祭 鹿児島市

江戸時代の治水工事を成し遂げた薩摩義士をたたえる慰霊祭 鹿児島市
       

5月25日、鹿児島県市平之町にて、宝暦治水に携わった薩摩義士をたたえる慰霊祭が行なわれた。参列者は県内や岐阜県から集まった約600名。(参照:天皇陛下が皇居の水田で恒例の田植え


Image from inunami

宝暦治水は、1754年~1755年に幕命により薩摩藩が行なった濃尾平野の治水対策のための工事のことである。濃尾平野には木曽川・長良川・揖斐川の三川が貫流しており、複雑に合流・分流を繰り返す地形であるために、洪水が多発していた。また、美濃では領主が分立しそれぞれの利害が対立し、治水対策が取りづらい状況であった。

その状況の中、幕府は薩摩藩に対し藩の財政を弱める目的で工事を命じた。薩摩藩は家老の平田靭負(ゆきえ)を総奉行として工事に着手し約1年半をかけて完成させたが、この間に多くの藩士が病死したり幕府の仕打ちに怒って切腹したりした。

慰霊祭では、県薩摩義士顕彰会の島津修久会長(島津家第32代当主)が靭負の銅像の前で、未曾有の難工事を成し遂げた義士たちの強い精神力と歴史を受け継ぐ意をしたためた祭文を奏上。参列者が玉串をささげた。

 

元の記事を読む

世界の水事情の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「岐阜県」に関する記事

「岐阜県」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「岐阜県」の記事

次に読みたい「岐阜県」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年5月31日の社会記事

キーワード一覧

  1. 岐阜県 観光

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。