三井物産がブラジルの水力発電事業を700億円前後で権益取得

三井物産がブラジルの水力発電事業を700億円前後で権益取得

2013年5月13日、三井物産はブラジルにおいて大規模水力発電所の運営事業(ブラジル北部マデイラ川に建設中のジラウ水力発電所の開発・運営事業)に参画する旨を発表した。
(参照:三井物産 ヨルダンで長期売電契約を締結-中東の大型発電・海水淡水化事業を推進)

Image from 三井物産ホームページ

同水力発電所は川幅約2キロメートルに50基のタービンを並べて発電する形式となっており、総事業費は約8,000億円、今年中にも運転が開始される予定となっている。

三井物産はさまざまな形でブラジルへの援助を展開しており、2005年から2008年までの4年間にブラジル人学校30校の児童生徒のために教材や文豪具などを寄贈した他、2009年度からは支援活動を学校への教材寄贈から奨学金制度に変更し、在日ブラジル人学校に通う児童生徒向けの月謝補助となる奨学金も開始している。2011年末現在で322名がこの奨学金を受けて学校に通っている。

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る 2013年6月3日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら