茂木町が水道水の原水を使った「もてぎのおいしい水 もて水」を販売開始

茂木町が水道水の原水を使った「もてぎのおいしい水 もて水」を販売開始

2013年8月3日(土)、栃木県茂木町では茂木の水道水の原水を使った「もてぎのおいしい水 もて水」(500ml 120円)の販売を道の駅もてぎでスタートした。(参照:松江市上下水道局、おいしい水道水「縁(えにし)」リリース

Image from 茂木町ホームページ

茂木町は関東随一の清流として名高い那珂川を擁しており、同河川沿いの飯野、河井、大瀬の井戸から汲み上げた地下水を原水として上水道に使用している。

今回はこのおいしい水をアピールするためにと飯野取水場の地下14メートルの浅井戸の地下水を使い、水質検査を経た後塩谷町の飲料水工場で130度の加熱処理を行い、ペットボトルに詰めて発売する運びとなった。

「もて水」は「茂木(もてぎ)」と「(これを飲めば)もてる」を掛けて付けられたもので、カルシウムなどのミネラル分が多いのが特徴となっている。

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る 2013年8月19日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら