和歌山県串本町で防災広場に耐震性貯水槽設置 地域防災力の向上へ

和歌山県串本町で防災広場に耐震性貯水槽設置 地域防災力の向上へ

2010年10月15日、和歌山県串本町で、緊急時の飲料水を確保する耐震性貯水槽を設置した。同水槽は、防災拠点のため整備中の串本町の「上野山防災広場」に設置されることになる。

耐震性貯水槽は、約4500人に対し、一人平均3リットルとして、3日間の水を確保できるだけの貯水量を持つという。つまり4万リットル、40トンあるということだ。この上野山防災広場では他に、備蓄倉庫、ヘリポート、非難テント用スペースなどが建設、整備される予定だ。
建設費用は8億7200万を見込んでいる。

耐震性貯水槽は鋼鉄製で、地震などにより、水漏れを起こしたり、汚水が混じらないように強度が保たれる。
通常は水道管の一部として中を上水が流れることになり、災害で水道が停止した場合などに、耐震性貯水槽として蓄えた水道水が利用できるというものだ。

地域の関係者からは、この防災広場の整備により、地域防災力の向上につながるとして歓迎の声が上がっている。

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る 2010年10月16日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。