イオン、ユニセフと共同の「セーフウォーターキャンペーン」で途上国支援

イオン、ユニセフと共同の「セーフウォーターキャンペーン」で途上国支援
イオン

イオンは18日、東京都内で記者会見を開き、カンボジア・ラオスに給水事業整備などを行う「イオン・ユニセフ セーフウォーターキャンペーン」で店頭募金活動を開始することを発表した。

同社の発表によると今月19日から11月23日までのキャンペーン期間中、全国のジャスコなど計約7400カ所で募金活動などのイベントを実施。来店した客に対し海外における水環境の現状や大切さを理解してもらうことを目的とするだけでなく、同社プライベートブランド「トップバリュ」のミネラルウォーター(500ml)の販売1本につき5円を拠出し、カンボジアなどで貯水タンクや水道管整備など給水設置の新設事業に充て、カンボジアやラオスなどに暮らす子供たちの教育や健康環境をサポートしていく構えだ。

イオンは2001年から毎年、日本ユニセフと共同で、募金など総額約4億円でカンボジア、ネパール、ラオスのアジア3カ国で学校建設支援事業を展開、これまでにカンボジアで149校、ネパールで57校の学校を建設支援し、ラオスでも2006年度から2009年度の4年間で120校を建設支援している。

このほか、グループ24社各社の「イオン1%クラブ」で税引き前利益の1%を支出し、社会貢献活動を行っている。

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年10月19日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。