三菱電機 オゾン水を使った水処理技術を開発

三菱電機 オゾン水を使った水処理技術を開発
mmmm
       

2016年3月8日、三菱電機株式会社はオゾン水を使った水処理技術を開発したと発表した。
(参照:三菱電機 海水をアンテナにする技術を開発したと発表

三菱電機 オゾン水を使った水処理技術を開発の画像はこちら >>

Image from 三菱電機株式会社のホームページ

ストロー状のろ過膜を利用して水を再生処理する場合、蓄積する有機物で発生するろ過膜の目詰まりを解消する必要がある。この方法として一般的には次亜塩素酸ナトリウム水を利用されているが、目詰まりを解消する効果が薄いという問題があった。

それが今回使用するオゾン水は、有機物を強力に分解するため目詰まりを解消する力が強い。これにより、ろ過の高速化や膜表面あたりの水処理量の増加が実現した。

また、洗浄に必要な水を水の量、消費エネルギーを削減することにも成功しており、装置自体をコンパクトにすることも可能となった。さらに処理後の水は再利用が可能だ。三菱電機株式会社はでは2018年に事業化する予定としている。

元の記事を読む

当時の記事を読む

世界の水事情の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月16日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。