ビヨンセがユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップを組み、アフリカ、ブルンジに安全できれいな水を提供。

米国出身の世界的歌手、ビヨンセがユニセフと組んでアフリカ、ブルンジに安全な水と衛生環境を提供した。
(参照:イオンワンパーセントクラブ ミャンマーとカンボジアの水事情改善へ25,536,584円の募金を贈呈

ビヨンセがユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップを組み、アフリカ、ブルンジに安全できれいな水を提供。

image from africanewsのウェブサイト

米国出身で世界的なポップシンガーであるビヨンセは、ユニセフ(国連児童基金)とのパートナーシップの元、アフリカのブルンジの子供達のために安全できれいな水を提供するプロジェクトを開始した。「BEYGOOD4BURUNGI(ビーグッドフォーブルンジ)」と呼ばれるこのプロジェクトは、特に飲料水の環境整備が脆弱と言われる東アフリカの内陸国ブルンジに暮らす人々のため、井戸を建設し、衛生教育を与え、飲料水と衛生設備を与えようというものだ。

ブルンジに暮らす5人に2人は、きれいな水を手に入れることが出来ない状況だという。水や衛生環境に起因する病気が、子供達も含め人々の死因につながっている。ブルンジが直面している水不足は、そのまま子供達の健康の危機ともつながる。ユニセフによると、12人に1人の子供達が5歳になる前に亡くなっている。

ビヨンセは「安全な水へのアクセスは、基本的な人権。子供達にきれいで安全な水を提供することは、彼らの命を守るだけではなく、健康と教育、そして明るい未来を提供することにつながる」とコメントしている。

現在ブルンジの200万人以上の人々が、井戸を探し、水を汲むために長い道のりを歩き、子供達は学校に行く機会を無くし、特に女の子がその仕事を強いられ、その道のりで危険にさらされているという。

米国ユニセフのキャリル・スターン会長は「このユニークなパートナーシップは、ブルンジや他の世界の子供達にきれいな水を提供するために、ユニセフの長年に渡る専門性と、社会変革を引き起こすことの出来るエンターテイメント業界の影響力の融合が形になったものだ。」とコメントした。

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る 2017年7月13日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。