実家放火で被告に無罪判決

実家放火で被告に無罪判決
2018年5月、福井市内の実家に火を付けて全焼させ、保険金をだまし取ろうとしたとして現住建造物等放火と詐欺未遂の罪に問われた同市、会社員男性(39)の裁判員裁判の判決公判が7月12日、福井地裁であった... [記事全文]

あわせて読みたい

気になるキーワード

福井新聞の記事をもっと見る 2019年7月12日の社会記事
「実家放火で被告に無罪判決」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    へんてこりんな判決を下すことが多い福井県で、珍しく真っ当な判決ではないか。良かったな、良心ある真面目な裁判官が担当で。正義感あふれんばかりな裁判官がいてたとは、あの福井県に。ほんと珍しい、奇跡だ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。