2017年に逝去した主な日米選手、球界関係者 コーチ、名投手の早すぎる死も

2017年に逝去した主な日米選手、球界関係者 コーチ、名投手の早すぎる死も
故ロイ・ハラデー氏【写真:Getty Images】
球史に名を刻んだ人々の訃報

 2017年も残り1日となった。今年も野球界で多くのドラマが起こり、新たなスターが出現する中で、多くの野球選手、関係者が世を去った。球史に名を刻んだ故人に哀悼の意を表し、ここで改めて振り返ってみたい。

○1月2日 ダリル・スペンサー 88歳
ニューヨーク・ジャイアンツを手始めにメジャー4球団で二塁手としてプレーし通算901安打105本塁打、打率.244を記録。1964年に阪急ブレーブスに移籍し、強打とアグレッシブな守備、走塁でNPBに衝撃を与えた。1965年はサイクル安打を記録。当時日本プロ球界はこの記録を知らず、スペンサーが日本に教える形となった。この年、野村克也と激しい本塁打争いをするが、交通事故で断念。野村は戦後初の3冠王となった。スペンサーはNPBで通算615安打152本塁打、打率.275を記録した。

○3月15日 龍隆行 75歳
法政大学から東京オリオンズ。中継ぎ左腕として2勝2敗、防御率4.58。1968年に引退後は、ボウリング界に転じ、日本を代表するプロボウラーとなる。

○4月5日 西三雄 78歳
丸善石油から大毎オリオンズ。右の中継ぎ投手として26勝25敗、防御率3.14。1968年に引退。西鉄、クラウン・太平洋・西武ライオンズにコーチ、スカウトとして長く勤めた。

○5月5日 西尾慈高 83歳
立命館大学から大阪タイガース。左の技巧派として1958年に11勝。のち中日に移籍。1965年引退。通算39勝40敗、防御率2.99。引退後は野球界を離れた。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2017年12月31日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。