【MLB】ヤンキースの本命はダルビッシュ? パ軍エースのトレードを米記者考察

【MLB】ヤンキースの本命はダルビッシュ? パ軍エースのトレードを米記者考察
去就が注目されるダルビッシュ有【写真:Getty Images】
パイレーツエース右腕の獲得を逃したヤンキース

 昨季ワールドシリーズ王者のアストロズは13日(日本時間14日)、パイレーツのエース右腕ゲリット・コール投手を1対4のトレードで獲得したと発表した。同投手はヤンキースも獲得に動いていたが、獲得を逃す形となった。この結果、ヤンキースがダルビッシュ有投手の獲得に本腰を入れるとの見方が現地で報じられている。

 今オフ、ドジャースからフリーエージェント(FA)となったダルビッシュには複数の球団が獲得に乗り出しており、ヤンキースとアストロズも含まれていた。だが、アストロズはコールの獲得により、ダルビッシュ争奪戦から撤退することが濃厚。一方のヤンキースはブライアン・キャッシュマンGMが先発ローテの補強を掲げており、今後、ダルビッシュ獲得に力を注ぐと見られている。

 その中でニューヨークの地元紙「デイリー・ニューズ」がヤンキースの今後の動向を特集する記事を掲載。ジョン・ハーパー記者が今回のトレードの裏側を考察し、ヤンキースがダルビッシュ獲得に好感触を得ている可能性を指摘している。

 今トレードではアストロズからパイレーツにジョー・マスグローブ投手、コリン・モラン内野手、マイケル・フェリス投手、ジェイソン・マーティン外野手の4選手が移籍。一方、ヤンキースはプロスペクトのクリント・フレイジャー外野手、チャンス・アダムス投手らをトレード要員とすると見られていたため、ア・リーグのあるスカウトは「アストロズの交換要員よりも、フレイジャーとその他の選手を選ぶ。理解できない」と首を傾げたという。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年1月14日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。