衣笠&山本、北別府&大野 赤ヘルの歴史に残る名手たち…広島の歴代投打5傑

衣笠&山本、北別府&大野 赤ヘルの歴史に残る名手たち…広島の歴代投打5傑
主軸打者として広島の球団史にその名を刻んだ山本浩二氏【写真:Getty Images】
打撃部門は“鉄人”と“ミスター赤ヘル”が独占

 広島東洋カープは、プロ野球がセ・パ両リーグに分立した1950年に創設された。市民球団として今年で69シーズン目を迎える。カープの歴史を飾った歴代の名選手を、投打の通算成績で見ていこう。※は現役

○通算安打数5傑
1.衣笠祥雄 2543安打(1965-87年)
2.山本浩二 2339安打(1969-86年)
3.前田智徳 2119安打(1990-2013年)
4.野村謙二郎 2020安打(1989-2005年)
5.高橋慶彦 1741安打(1976-89年)

 1975年の広島初優勝時に主力打者だった衣笠祥雄、山本浩二が1、2位に並んだ。続いて21世紀に活躍した前田智徳、野村謙二郎と続く。現役では、阪神から2016年に復帰した新井貴浩が1311安打で1位だ。 

○通算本塁打数5傑
1.山本浩二 536本(1969-86年)
2.衣笠祥雄 504本(1965-87年)
3.前田智徳 295本(1990-2013年)
4.江藤智 248本(1990-99年)
5.金本知憲 244本(1992年-2002)

 安打数は衣笠だが、本塁打は山本。2人は同級生で良きライバルだった。続いて前田、江藤智、金本知憲とFAで他球団に移籍した選手が続く。現役では、これも新井貴浩が229本で最多だ。

○通算打点5傑 
1.山本浩二 1475打点(1969-86年)
2.衣笠祥雄 1448打点(1965-87年)
3.前田智徳 1112打点(1990-2013年)
4.新井貴浩 780打点(1999-2007年、2015年-)※
5.野村謙二郎 765打点(1989-2005年)


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年1月22日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュース

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。