【米国はこう見ている】今季初1番で2盗塁のイチローを地元TV実況アナも絶賛 「41歳が22歳を教育」

<h2>二盗、三盗決めて犠飛で生還、22歳の相手右腕のモーション盗む</h2>

 マーリンズのイチロー外野手が3日(日本時間4日)のフィリーズ戦で今季初めてリードオフマンを務め、3打数1安打1四球2盗塁と活躍した。試合は2-6で敗れたが、初回に四球で出塁してから決めた電光石火の2盗塁が大きな話題となっている。MLB公式サイトは、この試合を伝える記事の「重要な瞬間」という特集の中で、「イチロー、加速する」の小見出しで伝えた。

 1回、イチローは相手先発ゴンザレスのフルカウントからの6球目を見送り、四球を選ぶ。続くエチャバリアへの3球目ですかさず今季初盗塁。完璧なスタートを切り、悠々と二盗に成功すると、スタンドからは大歓声が沸き起こった。実況は「今季初盗塁だ!」と伝えた。

 さらに、7球目で再びスタート。エチャバリアは三振に倒れたが、イチローはまたも完璧なスタートで盗塁に成功。あっという間に三塁まで到達した。

 地元テレビ局の実況は「素早い盗塁だ! 41歳が22歳を教育しています」と表現。22歳のフィリーズ先発右腕、セベリーノ・ゴンザレスのモーションを完璧に盗んだレジェンドの盗塁技術を絶賛していた。

<h2>メジャー通算500盗塁まで「11」、MLB公式サイトも「足を生かした」と特筆</h2>

 続く主砲スタントンが初球にライトへの犠牲フライを放ち、イチローは悠々と生還。マリナーズ時代と変わらない働きで先制のホームを踏むと、足で先制点を生んだ41歳をスタンドの観衆はスタンディングオベーションで迎え入れた。

 記事では「ゴードンの休養に伴い、イチローは初めて1番バッターを務めた。41歳は初回に彼の足を生かした。四球で出塁後、二塁、三塁と盗み、スタントンの犠牲フライで得点した。イチローはこれで通算489盗塁となっている」と、史上38人目のメジャー通算500盗塁まで「11」とした背番号51の活躍を特筆している。

 打率4割4分とメジャー最高打率を誇る先頭打者のディー・ゴードンはこの日休養だった。ゴードンは昨年の盗塁王だが、レジェンドも今季初めて“定位置“のリードオフマンを務め、足で魅せた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. イチロー 伝説
  2. イチロー 年俸
  3. イチロー 引退
Full-countの記事をもっと見る 2015年5月4日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「イチロー + 引退」のおすすめ記事

「イチロー + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

「イチロー + 年俸」のおすすめ記事

「イチロー + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

「イチロー + 復帰」のおすすめ記事

「イチロー + 復帰」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。