広島が珍サヨナラ勝ち 大瀬良が126球、2失点完投で今季初勝利

<h2>9回に小窪のインフィールドフライでまさかの幕切れ</h2>

 広島がサヨナラ勝ちで首位巨人を破った。2-2の9回に先発・大瀬良の代打・小窪のインフィールドフライで決着が着くという珍しい幕切れとなった。大瀬良は9回126球を投げきり、今季初勝利。広島は3-2で勝利した。

 初回、巨人の先頭・橋本のライトフライを広島の鈴木誠が落球。片岡が送り、1死三塁とミスを逃さずチャンスを作った。続くアンダーソンはレフトへのタイムリー。大瀬良から1点を先制した。

 ここから巨人・田口、広島・大瀬良の投手戦となる。

 田口は初回を三者凡退に抑えると、2回は先頭の新井に右前打を浴びたが、1死から梵を併殺に仕留めた。3回は三者凡退、4回は2死から丸を歩かせるも、新井を遊ゴロに打ち取った。

 一方、大瀬良も2、3回はランナーを出しながら無失点。4、5回は三者凡退に抑えた。

 5回、広島は2死から鈴木誠がライトへ三塁打を放ち、同点のチャンスを作る。だが、巨人バッテリーは會澤を敬遠すると、大瀬良を空振り三振に切っており、ピンチを切り抜けた。

 6回、広島は2死から丸がショートへの内野安打で出塁。続く新井がレフトに同点のタイムリーを放った。さらに、ロサリオはボテボテの二ゴロに倒れたかに見えたが、これを片岡がエラー。2死一、三塁となり、梵が勝ち越しの右前打。巨人・田口はここで降板となり、2番手の笠原は鈴木誠を投ゴロに仕留めた。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2015年5月4日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。