MLBが試合時間短縮へ新規則発表 投球間「20秒制限」は導入を見送られる

MLBが試合時間短縮へ新規則発表 投球間「20秒制限」は導入を見送られる
日本人投手にも影響を与えそうな投球間「20秒制限」は導入を見送られた【写真:Getty Images】
「ピッチクロック」は導入せず、「マウンドビジット」は1試合6回までに

 大リーグ機構(MLB)は19日(日本時間20日)、試合時間短縮を目的とした新たな規則を発表した。投球間の時間を制限する「ピッチクロック」が導入となるか、大きな注目を集めていたが、今回は見送られた。

 MLB公式サイトは「2018年用のペース・オブ・プレーの新たな取り組みをMLBは発表した」とのタイトルで報じた。記事では、ロブ・マンフレッド・コミッショナーが新たなルールを発表したことを伝えつつ「しかし、今シーズンはピッチクロックなしとなるのだ」と言及している。
 
 新たに発表された主なルール。記事ではまず「マウンドビジット」を紹介。投手交代以外で監督、コーチ、選手がマウンドに行く回数がカウントされ、1試合で6回までと定められたという。延長に入れば、1イニングにつき1度ずつ追加で与えられる。ただ、「雨天時に野手がスパイクをきれいにする為にマウンドに向かった際」「投手が怪我(もしくは怪我と思われる)をした際」「代打や代走を出す際」などはカウントされないという。

 さらに、イニング間の休憩(攻守交代)も時間が定められ「ローカルテレビでの放送は2分5秒」「全国放送は2分25秒」「タイブレークとポストシーズンは2分55秒」となった。そして、投手交代でも時間制限が設けられ「リリーフ投手がウォーニングトラックを跨いでからタイムクロックが発動」するという。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年2月20日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら