「7、8割の力」で150キロ超連発 ホークス19歳左腕が衝撃の実戦初登板

「7、8割の力」で150キロ超連発 ホークス19歳左腕が衝撃の実戦初登板
練習試合に登板したソフトバンク・古谷優人【写真:福谷佑介】
20日行われたB組練習試合のJX-ENEOS戦でキャンプ初実戦、最速151キロをマーク

 衝撃的だった。ソフトバンクの宮崎キャンプ第5クール初日。2年目の古谷優人投手が、周囲の度肝を抜く圧巻の投球を見せた。

 この日、B組が戦った社会人のJX-ENEOSとの練習試合。オフに胸郭出口症候群による血行障害が判明し、下半身の軽い故障もあってリハビリ組としてキャンプをスタートさせていた古谷が初の実戦マウンドに上がった。まだ2月半ば。先日B組に合流したばかりで、今季初実戦だったにも関わらず、150キロ超えを連発したのだ。

 モノが違う。6、7回を投げた2016年のドラフト1位・田中正義投手の後を受け、8回にマウンドに上がった左腕。先頭打者の初球にいきなり149キロをマークすると、2球目にはこの日の最速となる151キロ。4球目の150キロで追い込むと、5球目は再び150キロで見逃し三振を奪った。

 続く打者には初球の150キロを右前に運ばれたが、次打者の2球目で盗塁死。2死となると3人目の打者の4球目にも再び151キロを計時。最後は148キロで二ゴロに打ち取り、結果的に3人で1イニングを投げ終えた。

「意識します」同級生の長谷川宙が17日の紅白戦で148キロをマークし「負けたくない」

 左腕の血行障害は、手術せずに投薬治療などを行っていくことを決断した古谷。キャンプ中も血行を良くする効果のある炭酸泉に浸かるなど、細心の注意を払ってケアを施している。その中での実戦初登板。12球中5球が150キロオーバーで「(左手は)問題なく投げられました。今日は良かったですね」と振り返った。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年2月20日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「高橋礼」のニュース

次に読みたい関連記事「高橋礼」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「戸根千明」のニュース

次に読みたい関連記事「戸根千明」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「寺島成輝」のニュース

次に読みたい関連記事「寺島成輝」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら