ホークス栗原は左肩関節前方脱臼、21日からリハビリ組 高谷に続き捕手離脱

ホークス栗原は左肩関節前方脱臼、21日からリハビリ組 高谷に続き捕手離脱
ソフトバンク・栗原陵矢【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】
昨年1軍デビューの21歳が練習中に負傷

 ソフトバンクは20日、栗原陵矢捕手が練習中に左肩を痛め、宮崎市内の病院でCT検査を受けた結果、左肩関節前方脱臼と診断されたと発表した。21日からリハビリ組となる。

 今季が4年目の21歳は昨季1軍デビューを果たし、3試合に出場。今季は躍進が期待されていたが、B組のJX-ENEOSとの練習試合に出場後、特守のノック中に左肩を負傷。この日、高谷裕亮捕手が右肘の関節炎と診断されたばかりだっただけに、本人にとってもチームにとっても痛い離脱となった。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2018年2月20日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら