岩瀬は前人未到の領域、鳥谷、松井稼は… 今季達成が予想される「出場試合数」

岩瀬は前人未到の領域、鳥谷、松井稼は… 今季達成が予想される「出場試合数」
中日・岩瀬仁紀【写真:荒川祐史】
1000試合出場は全体の7.4%した達成していない

 出場試合数はプロ野球の記録の基本と言える。プロ野球選手は試合に出なければ、何も始まらない。今季も新たな出場試合数の記録が達成されるはずだ。

 1000試合出場は過去488人。以下は達成が期待される選手。()は2017年実績。

T-岡田(オ)971試合 残29試合(143試合)
浅村栄斗(西)970試合 残30試合(143試合)
吉村裕基(ソ)968試合 残32試合(8試合)
丸佳浩(広)964試合 残36試合(143試合)
岩瀬仁紀(中)954試合 残46試合(50試合)
藤井淳志(中)936試合 残64試合(128試合)
秋山翔吾(西)921試合 残79試合(143試合)
大松尚逸(ヤ)905試合 残95試合(94試合)
川端慎吾(ヤ)869試合 残131試合(0試合)
平田良介(中)867試合 残133試合(66試合)
赤松真人(広)867試合 残133試合(0試合)
大和(De)862試合 残138試合(100試合 阪神)

 1000試合は珍しい記録ではないが、1936年以来82年間で1試合でも1軍の試合に出た6609人のうち7.4%しか達成していない。一流選手の証明ともいえる。この記録は控え選手でも10年以上試合に出続ければ達成できる。わき役の選手にとっては「1000試合出場」というのが目標になるといえる。

 この中で異例は、岩瀬仁紀。純然たる投手として初の1000試合出場を目指している。過去に投手としては金田正一が1000試合に達しているが、金田は1053試合出場のうち投手としては944試合、他に一塁手として1試合、代打で108試合に出場している。岩瀬は954試合すべて投手としての出場。投手だけで1000試合達成は前人未到の記録となる。なおMLBではジェシー・オロスコの1252試合を筆頭に、16人が1000試合出場を果たしている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 浅村栄斗 FA
Full-countの記事をもっと見る 2018年3月14日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「浅村栄斗 + FA」のおすすめ記事

「浅村栄斗 + FA」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「柳田悠岐」のニュース

次に読みたい関連記事「柳田悠岐」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「菊池雄星」のニュース

次に読みたい関連記事「菊池雄星」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。