開幕投手が“開幕戦”に登板 ホークス千賀5回1失点「やりたいことはやれた」

開幕投手が“開幕戦”に登板 ホークス千賀5回1失点「やりたいことはやれた」
阪神とのウエスタンリーグ開幕戦に登板したソフトバンク・千賀滉大【写真:福谷佑介】
5回を投げ5安打1失点、6奪三振の好投

 ソフトバンクの千賀滉大投手が開幕投手の前に“開幕投手”を務めた。3月30日のオリックスとの開幕戦での先発が決まっている千賀は16日、ファーム本拠地のタマホームスタジアム筑後で行われたウエスタンリーグ開幕戦の阪神戦に、調整登板として先発し、5回を投げて5安打1失点だった。

「前回よりもステップアップ出来たと思うし、自分の中でも納得出来るボールが増えてきた」と振り返った千賀。初回、連打で無死一、二塁とされたが、緒方を空振り三振、板山を遊ゴロ併殺打に打ち取り無失点の立ち上がり。3回に1死一塁から島田に左中間を破る適時二塁打を浴びて1点を失ったが、失点はこの1点にとどめた。

 5回を投げてちょうど80球。新球種のスライダー、武器のフォークを存分に試して6つの三振を奪った。ストレートの最速も153キロを記録。「今日は曲げ球でしっかりカウントを取るところ、フォークの確認だとかに重きを置いたんですけど、真っ直ぐも良かったですし、全体的にやりたいことはやれたかなと思います」と、調整の段階が順調に進んでいることを感じさせた。

 開幕まで残る登板は1試合。23日の広島戦(ヤフオクD)に先発して、中6日で開幕投手の大役に向かう。「投げる球もこの時期にしてはいい球を放れているので、ケガなく30日を迎えられるように調整していくだけかなと思います。本番により実戦に近づけていきたいですし、配球もまだまだ本番と違うような配球もしている。そういうところも対応出来るようにしたいなと思います」。2年連続の日本一を目指すソフトバンク。チームはオープン戦6連敗中と波に乗れていないが、大黒柱の千賀は順調に仕上がってきている。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年3月16日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら