元ドラ1左腕は新天地で復活なるか? トレードで輝きを取り戻した投手たち

元ドラ1左腕は新天地で復活なるか? トレードで輝きを取り戻した投手たち
かつてトレードで輝きを取り戻した木佐貫氏【写真:(C)PLM】
榎田は2010年にドラフト1位で阪神に入団、1年目に62試合に登板

 西武は3月14日、岡本洋介投手と阪神の榎田大樹投手のトレード成立を発表した。

 西武に加わった榎田は、2010年ドラフト1位で阪神に入団。1年目から左の中継ぎとして、62試合に登板し、防御率2.27と好成績を残した。2年目の2012年も48試合に登板し、防御率2.34という成績を残したが、翌13年以降は苦しいシーズンが続き、昨季はプロ入り後自己ワーストとなる3試合の登板にとどまった。

 中継ぎで実績のある榎田。これまでにも、トレードをきっかけに新天地で輝きを取り戻した選手もいる。木佐貫洋氏がその一人ではないだろうか。木佐貫氏は2002年に自由獲得枠で巨人に入団すると、1年目の2003年に10勝をマークし新人王に輝いた。2007年に自身2度目の2桁勝利を達成したが、08年は6勝、09年は0勝に終わり、09年オフにオリックスへトレード移籍した。

 オリックスでは移籍1年目の2010年に3月28日のソフトバンク戦で約2年ぶりに勝利投手になると、6月には月間MVPを受賞。シーズン通してローテーションを守り、自身3年ぶりとなる2ケタ勝利、規定投球回に到達した。その後、木佐貫氏は2012年オフに北海道日本ハムへトレード移籍し、移籍1年目に9勝をマーク。翌年が1勝、2015年が0勝と結果を残すことができず2015年限りで現役を引退した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年3月16日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュース

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら