右手脱臼の鷹・堀内が1軍再昇格へ 支配下登録へ小川2軍監督「チャンス」

右手脱臼の鷹・堀内が1軍再昇格へ 支配下登録へ小川2軍監督「チャンス」
ソフトバンク・堀内汰門【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】
3月6日の西武戦で右手親指に投球が直撃し関節脱臼の診断を受けていた

 ソフトバンクの堀内汰門捕手が、17日にZOZOマリンスタジアムで行われるロッテとのオープン戦から1軍に再合流することになった。16日にタマホームスタジアム筑後で行われたウエスタンリーグ開幕戦の阪神戦に「8番捕手」で先発出場。5回まで出場すると、1軍に合流するために東京に向かった。

 6日の西武とのオープン戦で右手親指に投球が直撃。「右手親指IP関節脱臼」と診断されていたが、13日の春季教育リーグのオリックス戦で“スピード復帰”を果たしていた。この日は、30日のオリックスとの開幕戦で開幕投手に決まっている千賀滉大投手が先発登板。チームの大黒柱とバッテリーを組んだ。2回2死で迎えた第2打席では左前安打も放ち、順調な回復ぶりを示した。

 この日のプレーを見た小川一夫2軍監督は「遠回りしたけど、彼にとってはチャンスだからね。予定通り3試合出て、この後(1軍に)合流する。支配下になるチャンスだからね」と話し、回復に太鼓判。高谷裕亮、栗原陵矢と捕手に故障者が続出し、1軍経験のある捕手は甲斐拓也のみのソフトバンク。谷川原健太、九鬼隆平、張本優大とともに開幕1軍を狙える位置にいる。

 小川2軍監督は「九鬼や谷川原とはプロでの経験の差がある。ボールはしっかり取れるし、九鬼や谷川原はポテンシャルは高いけど、そこには課題がある。堀内は投手目線で見ても、しっかり受けてくれるというのはある」とし、キャッチング、スローイングの技術を評価した。負傷からわずか10日。育成から這い上がりを目指す堀内が、1軍の競争の場に再び挑む。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年3月16日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら