2008年のチームと共通点? 快進撃を続ける西武の強さは本物か

2008年のチームと共通点? 快進撃を続ける西武の強さは本物か
西武・辻監督【写真:荒川祐史】
巨人との日本シリーズを戦った2008年との共通点がある今シーズン

 4月17日、埼玉西武ライオンズは球団創設以来、初の東京ドーム本拠地開催をおこなった。「ライオンズ・クラシック」と命名されてはいるが、試合は1試合のみの単発イベント。だが、ライオンズにとって今後を左右する大きな試合になるかもしれない。

 チケットは発売から早期に完売。開幕以来、チームは絶好調。そして来場者全員にユニフォーム配布など、さまざまな要因も重なっただろう。だが試合開始前から東京ドーム周辺には、大げさではなく長蛇の列ができていた。西武初の東京ドーム本拠地ゲームということもあるが、関心は異常なほど高かった。

「あくまで今日の試合はライオンズ誕生40周年記念イベントという位置付けです。加えて所沢にかなりのファンが来ていただけるようになった。そこから少し進めて関東圏にファンを拡大して行こう、という意図もあります」

 そう語ってくれるのは広報部マネージャー増田貴由氏だ。「でもあの時と似ているなと思うこともあります。当時は片岡治大選手(現巨人2軍コーチ)、栗山巧選手、中島宏之選手(現オリックス)、中村剛也選手と軸がしっかり固まっていた。今年も秋山翔吾選手、源田壮亮選手、浅村栄斗選手、山川穂高選手。そういった部分では重なるんですね」

 あの時とは2008年シーズンだ。リーグを制し挑んだCS第2ステージ(現ファイナル)では日本ハムに1勝2敗から。日本シリーズでは巨人に2勝3敗から連勝で頂点に上り詰めた。続くアジアシリーズも1敗から3連勝でアジア王者になった。日本シリーズとアジアシリーズの舞台となったのが、ここ東京ドームだったのである。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年4月24日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。