【MLB】「えげつない」昨季最多勝インディアンス右腕が投じた“魔球”にファン驚愕

【MLB】「えげつない」昨季最多勝インディアンス右腕が投じた“魔球”にファン驚愕
インディアンスのカルロス・カラスコ【写真:Getty Images】
昨季18勝カラスコがスライダーで打者幻惑

 MLB屈指として名前が挙がるようになったインディアンスのカルロス・カラスコ投手。クッキーを食べている姿を目撃したチームメートのクリス・ペレスに命名されて以来「クッキー」の愛称で親しまれるようになった右腕だが、そのカラスコが投じる“甘くない”変化球が話題になっている。

「クッキー・モンスター」との見出しで動画を紹介したのはMLB公式ツイッターだ。23日(日本時間24日)のオリオールズ戦に先発したカラスコは8回途中まで投げて6安打1失点、7つの三振を奪う好投で今季4勝目をマークした。驚愕の変化球を投じたのは、インディアンスが1点をリードして迎えた4回だった。

 2死でチャンス・シスコを打席に迎えた右腕。1ボール2ストライクからの4球目に投じたスライダーは、内角付近から急激に変化し、シスコの足元付近まで切れ込んでいった。打者のバットはボールにかすることもなく空を切った。まるで“魔球”のような鋭い変化に、シスコはあえなく空振り三振に倒れた。

 切れ味鋭い“魔球”にファンは騒然。ツイッターには数々の驚愕コメントが寄せられた。

「これはえげつない」

「ワオ」

「彼にはミルクが必要だ」

「フェアじゃない」

「これがウィッフルボールスライダーと称される球だ」

「超えげつない男」

「素晴らしい球だ」

「球界最高のローテーション」

 昨季ア・リーグ最多勝に輝いた31歳右腕は、今季もここまで5試合に投げて4勝0敗、防御率2.31の活躍。チームの大黒柱として素晴らしい投球を続けている。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年4月25日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。