【MLB】大谷、3勝目逃すも163キロ連発に米記者驚嘆「何回投げた?」「彼は非現実的」

【MLB】大谷、3勝目逃すも163キロ連発に米記者驚嘆「何回投げた?」「彼は非現実的」
アストロズ打線相手に6回途中4失点と粘投したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
大谷翔平、6回途中4失点&降板後に3勝目消滅

 エンゼルスの二刀流右腕・大谷翔平が24日(日本時間25日)の敵地アストロズ戦でメジャー4度目の先発マウンドに上がったが、3勝目はならなかった。1点リードの6回1死一塁の場面で降板したが、直後に左腕アルバレスが逆転2ランを被弾。大谷の勝ち星が消えた。それでもエンゼルスは8-7と再逆転に成功し、2連勝。ア・リーグ西地区首位に再浮上した。この一戦で大谷が見せた自己メジャー最速のボールに驚きの声が上がっている。

 前回登板は右手中指のマメの影響で2回3失点で降板していた大谷。この日は2回2死走者なしから二塁打と四球でピンチを招くと、ゴンザレスのタイムリーで1失点。さらに3点リードの5回には先頭のゴンザレスへの四球の後、フィッシャーにバックスクリーンに2ランを運ばれ、1点差とされた。その後、1点リードの6回1死一塁で降板したが、直後にアルバレスが2ランを被弾して3勝目が消えた。

 この日は5回1/3でメジャー自己最多の98球を投げ、6安打4失点。2年連続首位打者で昨季MVPのアルトゥーベから2三振を奪うなど計7奪三振も、自己ワーストの5四球を出すなど苦しむ場面も目立った。しかし力のこもった投球を見せるシーンもあり、球速も160キロ超を連発。5回2死のレディックの打席ではメジャー自己最速の101マイル(約163キロ)も2度、計測した。

 この剛速球は現地の記者も速報。MLB公式サイトのデビッド・アドラー記者は自身のツイッターで「スタットキャストによると、ショウヘイ・オオタニは5回にジョシュ・レディックから2回、101マイルの直球を記録した。100.6マイルの直球でレディックから三振を奪った後の打席のことである」とレポートし、「(先発投手が)1試合で101マイルを1回以上記録したのは2016年7月のノア・シンダーガード以来となっている」とデータを紹介した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 大谷翔平 手術
  2. 大谷翔平 現地メディア
Full-countの記事をもっと見る 2018年4月25日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「大谷翔平 + 手術」のおすすめ記事

「大谷翔平 + 手術」のおすすめ記事をもっと見る

「大谷翔平 + 現地メディア」のおすすめ記事

「大谷翔平 + 現地メディア」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。