ソロ5発で全5得点を生んだオリックス・福良監督「全て意味ある本塁打」

ソロ5発で全5得点を生んだオリックス・福良監督「全て意味ある本塁打」
オリックス・福良監督【写真:荒川祐史】
通算1000試合出場を達成したT-岡田が2打席連続本塁打

 オリックスが全5得点をソロ本塁打で叩き出し、3カード連続の勝ち越しを決めた。6日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。この日が通算1000試合出場の節目の試合となったT-岡田が2打席連続本塁打を放つなど、5本のソロが乱れ飛び、福良淳一監督は「1発は効きますね。全て意味のある本塁打だった」とうなずいた。

 2回に小谷野が右翼スタンドへの今季1号ソロを放って先制すると、4回にはこの日3番に入った安達も右翼スタンドへのソロ。同点となった7回にはT-岡田のソロで勝ち越すと、続くロメロが2者連発の5号ソロ。8回にはT-岡田が2打席連発の3号ソロで鷹にトドメを刺した。

 この日は不振のマレーロをスタメンから外し、ロメロを6番に。安達を3番に置いて打線のテコ入れを図ると、これが功を奏した。5本塁打は3番から6番の中軸の4人によるもの。指揮官は「これからも色々考えながらですね」とし、今後も打順に手を加えながら、外国人が不振を脱するまでを凌いでいく考えだった。

 これでゴールデンウィークの9連戦を6勝3敗で乗り切った。ソフトバンク、西武、ソフトバンクと上位2チームとの対戦だったが、3カード連続で勝ち越し。オリックスが、ジワリと上昇気流に乗り始めている。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年5月6日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら