オリックス新守護神・増井が挑む2つの記録 史上4人目の快挙&自身初の栄冠

オリックス新守護神・増井が挑む2つの記録 史上4人目の快挙&自身初の栄冠
オリックス・増井浩俊【写真提供:オリックスバファローズ】
ここまで32試合1勝0敗5ホールド18セーブ、防御率1.83の成績を

パ・リーグ最高のクローザー」。現状ではそう言い切っていいはずだ。オリックス増井浩俊投手は移籍初年度の今季、安定したピッチングで守護神を務め、好調のチームを支えている。自ら望んだ立場で躍動するベテラン右腕は、所属2チームの「先輩」に続いて、2つの栄冠を手にすることができるだろうか。

 静岡高校、駒澤大学、東芝を経て、2009年のドラフト5位で北海道日本ハムから指名を受けてプロ入りした増井は、2012年に最優秀中継ぎ投手に輝く。先発と抑えの両方を務めた2016年には2桁勝利2桁セーブという両リーグ16年ぶりの快挙を達成し、チームのリーグ優勝・日本一に大きく貢献した。

 2017年オフにFA権を行使し日本ハムからオリックスへ移籍。会見では「自分のやりたかったリリーバーをやらせていただけるというところ」と、オリックスを選んだ理由を説明。さらに「今シーズンまで敵として戦っていて、バファローズがこれから強くなっていくと感じていた」、「一緒に優勝をめざしたい」と、チームのポテンシャルに大きな期待を寄せていることを明かし、新天地での戦いへ身を投じていった。

 今季の開幕当初は好調とは言い難い投球が続いていたが、4月18日に移籍後初セーブを記録してからは安定。5月2日から19試合連続無失点をマークし、防御率も瞬く間に1点台に落ち着いた。6月25日現在、32試合1勝0敗5ホールド18セーブ、防御率1.83という好成績を残し、昨季までの守護神・平野投手の渡米によって生じた穴を十二分に埋めている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年6月26日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら