ハム清宮、プロ2度目の1試合2本塁打! 2軍西武戦で4安打5打点と大暴れ

ハム清宮、プロ2度目の1試合2本塁打! 2軍西武戦で4安打5打点と大暴れ
日本ハム・清宮幸太郎【画像:(C)PLM】
1軍では打率.179と低迷し、28日に登録を抹消

 28日に出場選手登録を抹消された日本ハムの清宮幸太郎内野手が、イースタンリーグの西武戦でいきなり4安打2本塁打と結果を残した。29日、西武第二球場で行われた一戦に「5番・左翼」でスタメン出場すると、3回の第2打席で豪快な3ランを放つなど、5打数4安打2本塁打5打点と活躍した。

 初回、2死一、二塁で第1打席に立った清宮。西武先発の今井が投じた1ストライクからの2球目、外角高めの真っ直ぐを左前へと運んだ。3回には、先頭の森山が四球、続く高濱が死球で出塁し、無死一、二塁のチャンスで打席へ。1ボール1ストライクからの3球目、右腕が投じた内角高めの真っ直ぐを捉えると、打球は高々と舞い上がり、右翼フェンスを超えた。右翼の防球ネット中段に当たる特大の3ランだった。

 5回1死一塁での第3打席は右飛に倒れたものの、8回1死の第4打席では、南川から中前安打。内角のボールにやや詰まりながらも、二遊間を破った。9回にも2死一塁で打席に立つと、福倉の外角低めのカーブを捉えると、打球は中堅の頭上を越えて、スタンドに飛び込んだ。4月20日の2軍ロッテ戦以来、プロ2度目となる1試合2発。降格後初の実践で5打数4安打2本塁打5打点と大爆発した。

 1軍昇格直後は新人新記録となるデビューから7試合連続安打を放つなど、非凡なポテンシャルを見せていたが、その後はプロの壁に直面。結局、21試合に出場し、67打数12安打1本塁打2打点、打率.179と低迷し、28日に登録抹消となっていた。試合は8-14で大敗したものの、清宮は2軍降格の悔しさをぶつけるかのような大暴れだった。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 清宮幸太郎 年俸
Full-countの記事をもっと見る 2018年5月29日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「清宮幸太郎 + 年俸」のおすすめ記事

「清宮幸太郎 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「松坂大輔」のニュース

次に読みたい関連記事「松坂大輔」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「柳田悠岐」のニュース

次に読みたい関連記事「柳田悠岐」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら