パ・リーグが交流戦通算1000勝達成 13年の激闘を振り返る名場面集(前編)

パ・リーグが交流戦通算1000勝達成 13年の激闘を振り返る名場面集(前編)
パ・リーグが交流戦通算1000勝を達成【写真:荒川祐史】
2005年には西武・西口がノーヒッターに1人と迫るも…

 6月3日、オリックスが巨人に勝利して、パ・リーグ交流戦通算1000勝に到達した。シーズンも中盤に突入する時期の勝敗はリーグ内の潮目も変えかねないだけに、ペナントレースのターニングポイントともなり得る。ここでは、多くのドラマが紡がれてきた13年にわたる激闘から、メモリアルとも呼べる試合を厳選。まずは、交流戦がスタートした2005年から2011年までをお届けする。

【2005年】
○5月11日 巨人-オリックス(東京ドーム) 4-4
分配ドラフトによりオリックスへ加入したJP(ジェレミー・パウエル)が、パ・リーグの投手では14年ぶりとなるホームランを記録する。巨人の内海哲也から放ったソロ本塁打は、両軍スコアレスの均衡を破る値千金の一発だった。JPはこの年、チーム最多の14勝をマークする。

○5月13日 西武-巨人(インボイスSEIBUドーム) 6-1
西武の西口文也が9回2死までノーヒッターの快投を演じたが、あと1人の場面で巨人の清水隆行にライトスタンドへ弾丸ライナー弾を放り込まれる。同年8月27日の楽天戦では9回をパーフェクトに封じたが、味方の援護がなく延長10回に失点。完全試合は幻に…。ただ、この年の西口は交流戦で両リーグ最多の6勝を記録して、シーズンでもキャリアハイの17勝を挙げた。

【2006年】
○5月11日 横浜-楽天(横浜) 4-8
石井琢朗(横浜)が通算2000安打のマイルストーンに到達。大記録まであと1本で迎えた初回の第1打席、楽天の愛敬尚史が投じた変化球を足元に弾き返すと、打球はセンター前へと抜けていった。史上34人目の快挙を達成した石井は、同年にキャリア最多と並ぶ174安打を放っている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年6月5日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。