投壊止まらぬ広島 緒方監督、3回途中7失点の中村祐は「もう1回2軍で」

投壊止まらぬ広島 緒方監督、3回途中7失点の中村祐は「もう1回2軍で」
広島・緒方監督【写真:荒川祐史】
台所事情が苦しい中でフランスア、永川が好投

■日本ハム 8-4 広島(7日・マツダスタジアム)

 広島は7日、本拠地マツダスタジアムで行われた日本ハム戦に4-8で敗れた。先発の中村祐が3回途中7失点と試合を作れず、自身4連敗となった中村祐について、試合後の緒方孝市監督は「もう一回、二軍で頑張ってもらうしかない」と、ファームでの再調整を課すことを明言した。

 初回から先頭の西川に四球を与えるなど、不安定な立ち上がりだった中村祐は、3回に日本ハム打線につかまった。この回1死から西川を四球で歩かせた後、ヒットと四球で満塁とされると、中田の2点適時打とレアードの3ランで5失点。さらに石井一にも四球を与え、鶴岡、中島卓の連打でこの回計7点を失い、3回もたずにノックアウト。「先発ピッチャーとして、1人1人が役割を果たすことができていない。(レアードに)ホームランを打たれた後、しっかり立て直して4回、5回と見たかったんだけど」と、指揮官は流れを断ち切れなかった中村祐に苦言を呈した。
 
 先発、リリーフとも台所事情が苦しい中、2番手のフランスアが4回2/3を1失点、3番手の永川が2回無失点と、昇格したばかりの投手が好投。緒方監督は「フランスワの好投は収穫。次回は先発のマウンドで投げてもらう」と先発入りを明言し、2シーズンぶりの登板となった永川に関しては「力が入りすぎだったけど、いいボールを投げていた。しっかり抑えてくれたし、また次も頑張ってもらいましょう」と、経験豊富な元守護神に期待した。

 2位DeNAと3位巨人がいずれも敗れ、代わって2位に浮上した阪神との差は5ゲーム差と変わらないが、この日の敗戦で交流戦3勝5敗とチーム状態は悪い。不振だった菊池が3安打、序盤の大量ビハインドの後、野間の2ランなどで4点を返した打線については「野手陣は今日もしっかり攻撃してくれている。たくさん球場に来てくれているファンのためにも、諦めないでやってくれている」と緒方監督。打撃陣は好調なだけに、投手陣のやりくりが今後の成績を左右することになりそうだ。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2018年6月7日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。