【MLB】一体なにが? 左飛のはずが本塁打に… パイレーツ野手が痛恨の“トス”

【MLB】一体なにが? 左飛のはずが本塁打に… パイレーツ野手が痛恨の“トス”
パイレーツのオースティン・メドウズ【写真:Getty Images】
飛球がパイレーツ・メドウズのグラブでバウンドしてスタンドイン

 稀にグラウンド上で起きる目を疑いたくなるようなプレー。米メジャーリーグではレフトフライがホームランになってしまう、信じられないような“珍事”が起きた。

 13日(日本時間14日)に行われたダイヤモンドバックス対パイレーツ戦。初回のダイヤモンドバックスの攻撃での出来事だった。先頭のジェイが内野安打で出塁。2死となってから、打席には4番のペラルタが入った。パイレーツ先発のタイロンのボールを弾き返した打球は左中間深いところへのフライとなった。

 パイレーツ左翼手のオースティン・メドウズは背走し、打球を追った。フェンス手前で落下点に入ると、グラブを伸ばした。次の瞬間、信じられないことが起きた。グラブに一度入りかけた打球はグラブから飛び出した。それだけなら、まだ良かった。あろうことか、すぐ後方に迫っていたフェンスを越え、スタンドに飛び込んでしまったのだ。

 痛恨のホームラン”トス”。先制の2ランホームランとなってしまった。パイレーツは逆転勝利を収めたため、最終的に事無きを得たものの、メドウズにとっては頭を抱えたくなるようなプレー。MLB公式ツイッターも「ポーン。」というボールが弾む音を表現した何とも空しき一言を添えて、この瞬間を動画で紹介した。

 つい数日前には、米国の大学野球で「カレッジ・ワールドシリーズ」進出を決める一戦で、オーバーン大の右翼手がライナーを弾いて、それがサヨナラ本塁打となって話題となったばかり。再びの珍事に、ファンからもそれに引っ掛けたコメントなどが寄せられた。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年6月15日の野球記事
「【MLB】一体なにが? 左飛のはずが本塁打に… パイレーツ野手が痛恨の“トス”」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    これって何を持っててホームランになるんだ?たまにエンタイトル2塁打になるしどうなってるんだ?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。