【MLB】大谷受けたPRP注射は効果あり? 無し? エ軍2投手が辿った異なる復帰への道

【MLB】大谷受けたPRP注射は効果あり? 無し? エ軍2投手が辿った異なる復帰への道
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
リチャーズはPRP注射で復帰、ヒーニーは効果なくトミージョン手術

 エンゼルス大谷翔平投手は「グレード2」の右肘内側側副靱帯損傷で故障者リスト(DL)入りし、戦線を離脱した。7日(日本時間8日)に多血小板血漿(PRP)注射と幹細胞注射を受け、今月下旬の再検査の結果を見て、その後の治療方針を決定する見込みとなっている。果たして、大谷の復帰はいつになるのか? 米メジャースポーツを長年取材している名物コラムニストは、2年前にエンゼルスで同様の負傷を負った2人の先発投手が同じ治療法を受けていた過去を基に、今後の展望を分析した。

 「オオタニの怪我を最初に聞いた時は心の底から落胆した。彼は今季メジャーで最高の物語だったのだからね」

 こう嘆いたは米スポーツ専門誌「スポルティング・ニュース」のジョセフ・ディポリート記者だ。エンゼルスを長年取材し、記者会見で大谷やマイク・ソーシア監督に激しい身振りとともに質問をぶつける同氏は、2年前にエンゼルスで大谷と同じ状況に立たされた先発ローテ投手2人について振り返った。

 「オオタニの右肘の靭帯の損傷はグレード2と診断されている。昨年末に診断されたグレード1というのは伸びているけれど、靭帯にダメージはない状態。グレード3になると靭帯が切れていて手術が必要となる。グレード2はその中間で、様々な状況が存在する。PRP注射と幹細胞注射で治療を進めているが、エンゼルスは2年前に2人の投手が同じ状況だった。ギャレット・リチャーズとアンドリュー・ヒーニーだ」


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年6月15日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら