楽天が2度の満塁機を生かせず今季40敗目 梨田監督「打線が援護しないとね」

楽天が2度の満塁機を生かせず今季40敗目 梨田監督「打線が援護しないとね」
楽天・梨田監督【写真:荒川祐史】
阪神・藤浪に407日ぶりの白星を献上

■阪神 4-0 楽天(15日・楽天生命パーク)

 楽天は15日、本拠地での阪神戦に0-4で敗れ、12球団最速で今季40敗目を喫した。

 先発・辛島航投手は5回まで1安打と好投を見せていたが、6回に四球と犠打で1死二塁とすると、阪神の3番・中谷将大に3号2ランを浴びた。さらに、続く4番・糸井嘉男に四球を与え、「打たれた後に四球を出し、代えざるを得なかった」と梨田昌孝監督。2番手・久保裕也は1死一、二塁で2つの三振を奪ってピンチを脱したが、7回に追加点を許した。8回から登板した 4番手・今野龍太も9回に1点を失った。

 打線も援護できなかった。阪神の先発・藤浪晋太郎の前に、2回までに4三振。3回に1死から9番・嶋基宏、1番・田中和基の連打と四球で満塁とし、1軍復帰してから3試合連続でヒットを放っていた3番・島内宏明に打席が回ったが、三ゴロ併殺に打ち取られた。梨田監督は「島内に期待をしていましたが、ホームゲッツーでね。流れを持ってこられなかったですね」と肩を落とした。

 7回の満塁機もホームが遠かった。1死から5番・アマダーの四球、6番・茂木栄五郎の中安で好機を作ったが、代打・藤田一也に阪神は2番手・岩崎優を投入。藤田は中飛でアマダーの代走・山崎剛が三塁に進み、2死一、三塁とした。楽天は、今度は聖澤諒に代わって今江年晶を打席に送ると、阪神は桑原謙太朗に交代。今江は四球を選んで満塁としたが、嶋は中飛に打ち取られた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年6月16日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。