低調だった打線が爆発…楽天を再起動、平石監督代行の「動くときは動く」野球

低調だった打線が爆発…楽天を再起動、平石監督代行の「動くときは動く」野球
楽天・平石洋介監督代行【写真:荒川祐史】
銀次の豪快な2ランで打線はお目覚め、美馬は今季9度目の先発で初勝利

 楽天は17日、前日の梨田昌孝前監督の辞任を受け就任した平石洋介監督代行が初めて指揮を執った阪神戦に快勝した。

 先発の美馬は初回、2回と得点圏に走者を許したが、今季初のサードで先発した今江の好プレーなどに支えられ無失点で切り抜ける。すると2回裏、4番に入ったその今江が阪神の先発・才木のスライダーをセンター前に弾き返し出塁。続く銀次がカウント2-0から甘く入った145キロのストレートを右中間スタンドへ運び楽天が先制する。さらに4回にはアマダー、藤田が2者連続でライトスタンドに運ぶ本塁打攻勢で加点し、4-0とリードを広げた。

 5回には田中の四球、茂木のセーフティバントで無死一、二塁のチャンスをつくる。続く島内が送りバントに2度失敗するが、ヒッティングに切り替えセンターフライを放つ。やや浅めだったが、二走の田中がタッチアップで三塁を狙うと送球が乱れセーフとなった。茂木も送球間に二塁に進みチャンスを広げ、銀次の申告敬遠を挟んでアマダー、藤田の連続タイムリーが飛び出して4点を追加し8-0。ここまでの交流戦16試合の平均得点が2.3点にとどまっていた楽天打線が突如目覚めた。

 大量援護を受けた美馬は内角を突く強気の投球で阪神打線を封じ7回3安打無失点の好投。8回は青山、9回は福山がやはり無失点に抑える完封リレーで締め8-0で見事勝利した。美馬は9度目の登板でのようやくの初勝利となった。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2018年6月18日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。