【MLB】エ軍番記者が大谷翔平の代打起用法に“異議”!? 指揮官の答えは…

【MLB】エ軍番記者が大谷翔平の代打起用法に“異議”!? 指揮官の答えは…
9回に代打出場するも三振に倒れたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
8回の得点好機に大谷ではなくバルブエナを起用

 エンゼルス大谷翔平投手は、24歳の誕生日を迎えた5日(日本時間6日)、敵地マリナーズ戦に代打出場したが空振り三振に倒れた。9回先頭で打席に立つも、地元記者は8回の得点機に起用しなかったことに“異議”。

 1-4と3点を追う8回。1死一、二塁の得点機を迎えたところで、マイク・ソーシア監督は6番で右打者のジェフリー・マルテに代わり、左打者のルイス・バルブエナを打席に送った。マウンド上に立つのは、マリナーズ3番手の右腕アレックス・コロメ。この時点で、スタメンを外れていた大谷は代打準備を進めていたが、指揮官が選んだのは今季打撃の調子が上がりきらないバルブエナだった。

 結局、バルブエナは空振り三振に倒れ、続くイアン・キンズラーの打球はマリナーズ二塁手ディー・ゴードンの美技に阻まれ、エンゼルスは得点できず。直後に地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」で番記者を務めるジェフ・フレッチャー記者は自身のツイッターを更新。「8回、エンゼルスは得点しようという場面でバルブエナを代打起用。大谷ではなかった」と伝えると、次のツイートでも「バルブエナが代打で、オオタニに打たせなかった理由が、まだわからない」と呟いた。

 フレッチャー記者によると、試合後の会見で指揮官はバルブエナを起用した理由について「あの場面では追いつくだけではなく、リードを奪いにいったため、8番を打っていたマルドナドの代打までオオタニを取っておいた」と説明したという。キンズラーの打球がセンターへ抜けていれば確実に1点入り、ソーシア監督の狙い通り、続く大谷の打席で同点、もしくは逆転を狙えた可能性はある。だが、ゴードンのスーパーキャッチで可能性は消滅した。

 この日の黒星で首位アストロズには13.5ゲーム差、3位アスレチックスにも4.5ゲーム差となった4位エンゼルス。6日(同7日)から本拠地で始まるドジャースとのフリーウェイシリーズを制して、使い果たした貯金を作りたい。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年7月6日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。