巨人が亀井の“4番初本塁打”でサヨナラ勝利 内海は緊急降板も延長制す

延長10回にエレラからサヨナラ2ラン

 巨人はサヨナラでDeNAを下し、2連勝とした。3-3の延長10回、亀井善行外野手がライトへのサヨナラ2ランを叩き込み、試合を決めた。先発の内海は復帰戦で左足の異常を訴え、降板するアクシデントに見舞われたものの、最後は亀井の4番として初の一発で快勝。首位との1ゲーム差をキープした。

 DeNAは初回、石川のヒット、筒香の四球などで内海から2死一、三塁とチャンスを作ると、宮崎がセンターへタイムリー。1点を先制した。

 一方、巨人もその裏に三浦から好機を作る。先頭の立岡が四球を選び、二盗に成功。片岡の右飛で三塁まで進み、1死三塁とすると、坂本がレフトへタイムリーを放ち、同点に追いついた。

 その後は両投手が無失点に抑える。内海は2、3回と3者凡退。三浦もランナーを出しながら、点を与えない。

 試合が動いたのは6回。DeNAは先頭の梶谷がライトへヒットを放つと、長野がワンバウンドで頭上を越され、スリーベースとなる。続く筒香のファーストゴロの間に梶谷が生還し、1点を勝ち越した。

 しかし、その裏、1死一塁で長野がバックスクリーンへ2ラン。すぐに汚名返上を果たし、逆転に成功した。

 7回、DeNAは1死一、三塁のチャンスを作る。すると、内海は白崎への初球を投げたところで左太ももを気にする仕草を見せて降板。代わったマシソンは梶谷にセンターへのタイムリーを浴び、アクシデントに見舞われた内海の今季初勝利は消えた。

 その後は両チームの救援陣が無失点の投球を続け、試合は延長戦に突入。すると、10回、1死一塁で亀井がフルカウントからエレラの直球をライトスタンドに叩き込んだ。

 4番の劇的な一発で5-3で快勝。内海が緊急降板するアクシデントに見舞われたものの、巨人が熱戦を制した。

あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2015年7月29日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら