阪神史上103人目の「4番」 陽川尚将は次の「ミスタータイガース」候補!?

阪神史上103人目の「4番」 陽川尚将は次の「ミスタータイガース」候補!?
阪神・陽川尚将【写真:荒川祐史】
82年間で103人が「猛虎の4番」、最も出場数が多いのは3代目の藤村富美男

 阪神は、7月1日から陽川尚将を4番に抜擢している。陽川は1936年以来、讀賣ジャイアンツなどと覇権を争ってきた名門・阪神の103人目の「4番打者」になる。

 今季は、開幕から新外国人ウィリン・ロサリオを4番で起用していたが、これが102人目。ロサリオの後、前年までに4番を経験していた福留孝介糸井嘉男原口文仁が4番に座ったものの、糸井が死球禍で登録抹消された後に、陽川が抜擢された。

 阪神の初代4番打者は、1936年4月29日、甲子園球場で行われた金鯱戦に「4番・一塁」で出場した松木謙治郎。阪神の初代主将であり、指導者、解説者としても長く活躍した。野球殿堂入りしている。ここから82年間で103人が「猛虎の4番」を張った。

「阪神の4番」試合数20傑。スタメンでの出場のみ。()は4番での初出場年月日。打撃成績は4番でのもの。※は現役

1、藤村富美男 3人目(1936.05.17)
1070試4141打1288安194本874点73盗 打率.311

2、金本知憲 89人目(2003.08.09)
921試3430打1002安187本655点23盗 打率.292

3、田淵幸一 43人目(1970.04.26)
812試2847打778安248本577点9盗 打率.273

4、掛布雅之 52人目(1977.07.18)
800試2898打840安188本553点20盗 打率.290


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年7月9日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュース

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら