中日勢好調、阪神ロサリオら不振…セ各球団を点数で評価、前半戦助っ人査定

中日勢好調、阪神ロサリオら不振…セ各球団を点数で評価、前半戦助っ人査定
不振が続く阪神・ロサリオ(左)と好調をキープする中日・アルモンテ【写真:荒川祐史】
2位から6位が3.5ゲーム差にひしめく混戦のセ・リーグ

 3月30日に開幕を迎え、そこから約3か月半が経過したプロ野球。各球団が80試合前後を戦い、オールスターブレイクに入った。13日に京セラドームで、14日には熊本・藤崎台県営野球場でオールスターゲームが行われる。ペナントレースは4日間の中断を挟み、16日に再開される。

 前半戦のセ・リーグは広島が、3年連続優勝に向けて首位を快走。2位巨人に6ゲーム差をつけて頭1つ抜け出している。だが、2位以下は団子状態。巨人から最下位のヤクルトまでわずか3.5ゲーム差。ヤクルトは6月29日時点では2位にいたが、そこから2週間足らずで、8連敗もあって、一気に最下位まで転がり落ちた。このことからもセ・リーグの2位以下の混戦具合が分かる。

 各球団がリーグ優勝を目指して戦力を整備し、臨んだ今シーズン。前半戦、戦力補強のためにチームに加えた助っ人外国人はどれほどの働きを見せたのか。外国人たちのここまでの働きを見ていき、各チームの外国人全体の働きを100点満点で採点してみた。

◯1位:広島(76試合43勝32敗1分)50点

クリス・ジョンソン投手
12試合5勝2敗0S0H 9QS 3.35

ジェイ・ジャクソン投手
30試合2勝1敗0S20H 3.03

レオネル・カンポス投手
1試合0勝0敗0S0H 0.00

ヘロニモ・フランスア投手
8試合1勝2敗0S0H 0QS 3.12

ブラッド・エルドレッド内野手
38試合80打数17安打5本塁打14打点 .213


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年7月13日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュース

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら