西武、今年の期間限定ユニは青 「獅子風流(ししぶる)」に込められた思い

西武、今年の期間限定ユニは青 「獅子風流(ししぶる)」に込められた思い
「ライオンズフェスティバルズ2018」で着用される期間限定の獅子風流(ししぶる)ユニフォーム【写真提供:埼玉西武ライオンズ】
球団誕生40周年記念限定ユニ3部作の決定版

 埼玉西武ライオンズは7月20日の本拠地東北楽天戦から8月16日(木)の本拠地オリックス戦まで「ライオンズフェスティバルズ2018」を開催。期間中のホーム・ビジター計21試合で期間限定の「獅子風流(ししぶる)ユニフォーム」を着用する。昨年の「ライオンズフェスティバルズ2017」で着用した「炎獅子ユニフォーム」は、着用期間中に破竹の13連勝を遂げ話題となったが、今シーズンの「獅子風流ユニフォーム」はどのような経緯で制作されたのか。西武ライオンズ事業部長の井上純一さんに話を聞いた。

 西武ライオンズ誕生40周年の今年に向け「ライオンズフェスティバルズ限定ユニフォーム」3部作が一昨年から始動。ライオンズの球団歌「地平を駈ける獅子を見た」の歌詞から、2016年は「地は緑」のグリーン、2017年は「炎の色の獅子を見た」のレッド、そして今年は「空青く、風白く」からブルーが基調になった。

 鮮やかなブルーに、ライオンズの応援で有名なフラッグがなびく様子、そして白い風が表現された獅子風流ユニフォームは、近年、生地にワッペンを縫い付ける方法ではなく、プリントで直接生地に印字する昇華ユニフォームが主流となったため、グラデーションが美しく描かれている。

「フラッグの模様で旗がなびく様子、そして今年のチームスローガン『CATCH the FLAG 2018 栄光をつかみ獲れ!』にもあるように『ペナントをとるぞ』という思いを表現しました」


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年7月13日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日本ハムファイターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「日本ハムファイターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「北海道日本ハムファイターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「北海道日本ハムファイターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュース

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。