球団別オールスターMVPの歴史を振り返る 王、長嶋、清原、イチローは?

球団別オールスターMVPの歴史を振り返る 王、長嶋、清原、イチローは?
今季のオールスターMVPを受賞した西武・源田(左)、森【写真:荒川祐史】
王貞治が3回受賞なのに長嶋茂雄はゼロ、清原和博は断トツの計7回

 2018年オールスターゲームは西武勢の森友哉源田壮亮と2試合とも西武勢がMVPに輝いた。オールスターのMVPは、選手のキャリアに記される大きな勲章だ。1951年第1回大会からの球団別のMVPの受賞の動向を見ていこう。

球団別のMVP受賞回数。(1)(2)(3)は第1試合、第2試合、第3試合

○1位 巨人24回
王貞治3回 1963年(2)1977年(3)1979年(1)
松井秀喜3回 1995年(2)1998年(2)1999年(1)
宮本敏雄2回 1957年(2)1958年(1)
清原和博2回 1997年(2)2000年(3)
阿部慎之助2回 2007年(2)2010年(1)
川上哲治1951年(1) 平井三郎1953年(2) 柴田勲1968年(2) 吉田孝司1976年(3) 山倉和博1981年(3) 江川卓1984年(3) クロマティ1985年(2) 吉村禎章1986年(3) 駒田徳広1992年(3) 落合博満1995年(1) 高橋由伸2003年(1) 澤村拓一2013年(1)

 オールスターのMVP選手は勝利チームから選ばれる。ここまでパが84勝、セが78勝とパが勝ち越しているが、MVPを最も多く受賞した球団はセの巨人だ。12球団一の人気球団だけに、選出される選手が多いのだ。王、松井と新旧の主砲が3回ずつMVPを受賞しているが、ミスタープロ野球こと長嶋茂雄は一度も受賞していない。長嶋はオールスターの通算打率.313と活躍していたが、運に恵まれなかった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. イチロー 伝説
  2. イチロー 引退
  3. イチロー 復帰
Full-countの記事をもっと見る 2018年7月15日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「イチロー + 引退」のおすすめ記事

「イチロー + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

「イチロー + 復帰」のおすすめ記事

「イチロー + 復帰」のおすすめ記事をもっと見る

「イチロー + 伝説」のおすすめ記事

「イチロー + 伝説」のおすすめ記事をもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。