プロの壁は想像以上に高い? ハム清宮にオリ田嶋、 パのドラ1の前半戦は…

プロの壁は想像以上に高い? ハム清宮にオリ田嶋、 パのドラ1の前半戦は…
日本ハム・清宮幸太郎とロッテ・安田尚憲【写真:荒川祐史】
清宮は1軍では苦戦も…2軍ではイースタントップの15本塁打

 3月30日に開幕したプロ野球は7月11日に前半戦が終了。12日にフレッシュオールスター、13日と14日のオールスターゲームも終わり、16日から後半戦が開始される。期待を胸にプロの門を叩いたドラフト1位ルーキーの選手たちは、前半戦でどんな活躍を見せたのか。パ・リーグのドラフト1位ルーキーたちの成績を振り返っていきたい。

西武
齊藤大将
成績:18試合0勝5敗1S 44回1/3 防御率5.08(ファーム)

 リーグ首位を走る西武だが、チーム防御率はリーグワーストの4.30という苦しい投手事情。そういったことを踏まえても、ドラ1の齊藤大将投手にチャンスが与えられても良さそうだが、ファームでは0勝5敗、防御率5.08とアピールできず。前半戦は1軍登板が1試合もなかった。

◯日本ハム
清宮幸太郎
成績:23試合69打数12安打1本塁打2打点 打率.174(1軍)
成績:39試合146打数33安打15本塁打36打点 打率.226(ファーム)

 高校通算最多の111本塁打を放った清宮は、5月2日にプロ初昇格を果たすと、2リーグ制後新人新記録となる7試合連続安打を放った。しかし、1軍の投手に対応することができず5月28日に2軍落ち。降格後は本塁打を量産し、現在はイースタン・リーグトップの15本塁打をマーク。再昇格を経て再び2軍で経験を積んでいる。

◯ソフトバンク
吉住晴斗
成績:登板なし

...続きを読む

あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2018年7月16日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。