オリックスが3位タイ浮上、首位西武は後半戦初勝利…混パ18日はどうなった?

オリックスが3位タイ浮上、首位西武は後半戦初勝利…混パ18日はどうなった?
オリックス・福良監督【写真:荒川祐史】
西武は2回まで7得点を奪う猛攻でソフトバンクに大勝

 後半戦がスタートした2018年のプロ野球。今季は稀に見る混戦が続き、折り返しを過ぎても連日順位が目まぐるしく入れ替わる激戦が展開されている。パ・リーグでは首位から5位までが僅差でひしめく激戦となっている。

 後半戦最初のカードが終わった18日に順位を上げたのはオリックスだった。本拠地京セラドームで日本ハムと対戦。1点ビハインドの6回に吉田正が適時二塁打を放って同点とすると、安達の犠飛で勝ち越しに成功。澤田、吉田、山本、増井の継投で逃げ切った。

 首位西武に連勝していたソフトバンクだったが、北九州で行われた一戦は大敗。先発の武田が初回に3点を失うと、2回にも5連打などで4点を奪われた。ソフトバンクは4本塁打を放ったが、全て空砲に。5-12で敗れたため、オリックスとソフトバンクが3位タイに再び並んだ。

 ロッテは楽天に敗れ、後半戦3連敗スタートに。1点リードで7回を迎えたが、先発の二木が粘れずに同点とされると、8回にはリリーフ陣が救援に失敗。益田が危険球で退場となると、チェンが押し出し四球とペゲーロの2点適時打などで勝ち越された。ロッテはオールスターを挟んで4連敗となり、オリックスとの差が2ゲームに広がった。

【17日終了時点】
1西武 46勝33敗1分
2日本ハム 45勝35敗1分 1.5
3ソフトバンク 41勝37敗0分 3.0
4オリックス 40勝38敗4分 1.0
5ロッテ 40勝40敗2分 1.0
6楽天 31勝49敗1分 9.0

【18日終了時点】
→1西武 47勝33敗1分
→2日本ハム 45勝36敗1分 2.5
→3ソフトバンク 41勝38敗0分 3.0
↑3オリックス 41勝38敗4分 0
→5ロッテ 40勝41敗2分 2.0
→6楽天 32勝49敗1分 8.0(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2018年7月19日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。