未来の和製大砲候補 ロッテのドラ1安田が前半戦を自己採点 その点数は…

未来の和製大砲候補 ロッテのドラ1安田が前半戦を自己採点 その点数は…
ロッテ・安田尚憲【写真:Getty Images】
プロ1年目、ここまで怪我なく2軍で全戦出場

「50点くらいですね」

 ロッテのドラフト1位ルーキー・安田尚憲内野手は、前半戦の自身をこのように採点した。「50点くらい」と自身を評した理由に「全試合出場できていることはすごくいいことですし、怪我なくやれていることもいいことだと思います」と、プロの試合で出場を続けられたことを評価した。

 長いシーズンを戦い抜くためには、技術はもちろんのこと、体力が重要な要素の1つになる。高卒1年目から2軍の舞台とはいえ、前半戦を全試合出場したことはかなり立派であると言えるだろう。

 その一方で、「全然実力が伴っていないので、あとの50点はプラスαで実力をもっとつけていかないといけない」と反省した。

 打撃面では、高校通算65本塁打の経歴を持つが、ここまで4本塁打。守備面でも、三塁手ではイースタン・リーグワーストの14失策と課題を残す。ただ、安田が最も期待されているのは長打力。4本塁打という数字に対して、安田は「もっともっと増やしていきたいと思います。そのためには、もっともっと実力をつけてやっていきたいです」と語った。

 ロッテのチーム本塁打を見ても、今季1軍はリーグワーストの42本だ。2011年以降チーム本塁打数が100本以上を記録したシーズンはなく、長年にわたって長距離砲が不在となっている。それだけに、長打力が魅力の安田にかかる期待は大きい。

 安田自身も本塁打には強いこだわりを持っている。昨年12月5日に行われた新入団会見では「高校時代からホームランにこだわりを持ってやってきたので、プロに入っても長打力を磨いていければと思います」と話し、「目標は近い将来ホームラン王を獲ることが目標です。ロッテでは最近本塁打王が出ていないので、いつか自分が獲れればと思います」と掲げたほどだ。まずは後半戦、2軍で本塁打量産といきたいところだ。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2018年7月19日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。