【高校野球】17地区で4強決まる 62年ぶり&84年ぶり甲子園目指す古豪も…

【高校野球】17地区で4強決まる 62年ぶり&84年ぶり甲子園目指す古豪も…
17大会で4強が決定、62年ぶり&84年ぶり甲子園目指す古豪も…
11年連続代表の聖光学院、7年連続代表の作新学院も

 第100回全国高等学校野球選手権は19日、各地で熱戦が繰り広げられ、11地区でベスト4が出揃った。新たに準決勝進出校が決まったのは、南北海道や青森など。7月18日までにベスト4が決まっていた北北海道や南北埼玉、南北福岡、沖縄も含めて17地区でベスト4が決まった。

 南北海道では駒大苫小牧が北海との強豪校対決を制してベスト4に進出。北照、札幌日大、北海道栄が準決勝に進んだ。青森では2年ぶり9度目の甲子園を狙う八戸学院光星、2年連続12度目の出場を狙う青森山田が順当に4強まで進んだ。

 福島ではともに初の出場を狙ういわき海星と湯本が準決勝進出。昨夏まで11年連続で代表となっている聖光学院の牙城を崩すことが出来るか。栃木でも8年連続の代表を目指す作新学院が4強入り。宇都宮工、青藍泰斗、白鴎大足利が打倒・作新を狙う。

 南埼玉ではともに初の夏の甲子園出場を目指す川口と川越東が準決勝へ。北埼玉では34年ぶりの甲子園出場を狙う上尾、香川では84年ぶりの甲子園を目指す高松、北福岡では62年ぶりの聖地を目指す小倉が、それぞれベスト4まで勝ち上がっている。

 全国各地で準決勝まで勝ち上がっている高校は以下の通り。()内は甲子園出場を掴んだ場合の出場回数。

○北北海道(7月18日に4強決定)
北見北斗(初)
旭川大(9年ぶり8度目)
旭川実(8年ぶり4度目)
クラーク国際(2年ぶり2度目)


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年7月19日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「野球」のニュース

次に読みたい関連記事「野球」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら