【MLB】田中将大がヤ軍後半戦の“キーマン”に 米メディア「セベリーノとも遜色ない」

【MLB】田中将大がヤ軍後半戦の“キーマン”に 米メディア「セベリーノとも遜色ない」
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
昨季は後半戦に好成績、12試合で6勝4敗、防御率3.77

 今季前半戦は15試合に先発し7勝2敗、防御率4.54の成績を残したヤンキース田中将大投手。両太もも裏の張りで故障者リスト(DL)入りした期間もあったが、7月10日(日本時間11日)の敵地オリオールズ戦で実戦に復帰すると、15日(同16日)の敵地インディアンス戦では7回途中2失点と好投した。

 前半戦を終えた段階で、ヤンキースは62勝33敗で貯金29としているものの、宿敵レッドソックスの後塵を拝し、ア・リーグ東地区2位となっている。ワイルドカード争いではア・リーグのトップに立つが、レッドソックスを追撃するためにはローテの一角を担う田中の復調は不可欠だ。

 その後半戦に向け、地元テレビ局「SNY」公式サイトは、田中が後半戦の“キーマン”になると指摘。「タナカの巻き返しは先発投手をトレードで獲得することと同様の重要性を持っている」と題した特集を組んでいる。

 7勝こそしたが防御率は4点台と好不調の波があった田中を、記事では「ここ最近の故障者リスト入りを含め、このヤンキース右腕には随分とガッカリさせられた」と厳しく指摘。田中が2014年に右肘靭帯の部分断裂を負い、大谷翔平投手と同じ多血小板血漿(PRP)注射の治療を受けたことにも触れ、「タナカが肘に“時限爆弾”を抱えているというシナリオは常につきまとうが、ヤンキースが必要とする先発2、3番手の活躍をする才能も備わっている」と言及している。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年7月20日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら